嫌ってわけでもないのに他人に会うのが憂鬱なのは一人で自由でいるのが好きすぎるから

 わかりすぎて辛い。お前は俺か。しかし、外向的な人間には「会いたいのに会いたくない」、っていう矛盾した感情を理解できないだろうから、解説すると、ようは一人で、しかもなんの予定もなく自由に趣味をこなすのが好きすぎるってことなんだろうな。

 

いや、別に親しい人会ったり、人と会うイベントが嫌ってわけではないんだけど、なんか人と話すのって体力と気を使うし、やればやるほど、HPがゴリゴリ減っていくんすよ。

しかも人と会うのが何が面倒かって、その場で話して体力や気力を消耗するのもそうだけど、約束した以上絶対にいかないといけなくなるから、その日まで、意識しないといけないからそこでも気を使って消耗することなんだよな。

外向的な人は、会えば会うほど、予定があればあるほど、楽しくて嬉しくて、HPが増えていくのかもわからないけど、俺たち内向的な人の場合は、予定があるだけ、なんかポケモンの毒状態みたいなものでHPがどくんどくいって減っていくし、人と話すとコラッタに体当たりされるくらいHPがもってかれて、もうそれだけでHPが赤になってピコンピコン鳴るから、一週間くらい回復が必要になってくる。だから月に2、3度人と会うのがちょうどいいくらいなんだよな。

 

人と会うことよりも、内向的な僕の場合だったら、一人で(ここ重要)気ままに(ここも重要)しかも気楽に(これまた重要)、読書やアニメや映画や音楽やゲームやネットで楽しむのが一番なんだよ。

一人で楽しめる趣味の何がいいかって、いつやめてもいいし、いつ始めてもいいっていうあまりに自由度が高いって所だ。逆に外でイベントやらオフ会やらって、場所も時間も決められてるし、他人と会う以上、失礼があってはいけないから気を使うしで、自由度がとてつもなく低いんだよな。だからあまりやりたくない。

 

僕は、一人でいるのが好きすぎるんだ。

 

ただ、ずっと一人でいて趣味に没頭するのもいいけど、やはりたまには人と会いたくなる。特に僕の場合は、友達もいないからここ数年まともに家族以外の人と腹を割ってまともに話したことがない。趣味が楽しすぎて一人でいるのが好きすぎて、自分ではあまり気づかなかったが、最近になって自分が案外寂しいと感じているらしい。

 

「孤独は良いものだ」ということを我々は認めざるを得ない。
しかし、「孤独は良いものだ」と話し合うことのできる相手を持つこともまた、一つの喜びである。

 

という僕の好きな言葉がある。

 

僕はきっと「一人でいるのが好き」と話し合える友が欲しいのだろう。

 

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)