少女終末旅行のチトとユーリの名前の元ネタ

多分、ソ連の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンとゲルマン・チトフなんじゃない?

 

昨日、映像の世紀プレミアム、第7集「極限への挑戦者たち」に二人の名前を見ていて思った

 

ガガーリンは、史上初めて有人宇宙飛行を果たした人として有名として、チトフって誰やねん思うかもしれないけど、ユーリイとチトフは初めての有人宇宙飛行をする名誉をどちらが得るか争ったライバルだったようだ

 

チトフは成績も優秀で、教養もあったが、ユーリイは人懐っこく、誰からも愛される人間だったと、映像の世紀では説明していた。ちょうど少女終末旅行のチトとユーリのキャラ設定とも合致している

 

ちなみになぜ、ユーリイ・ガガーリンが最初に選ばれたのかというと、農村出身で共産党プロパガンダ向けだったからだそうだ。加えて、ユーリが誰からも愛されているからこそ、初めての宇宙飛行士に人間にふさわしいと、チトフも認めていたようだ

 

成績優秀な奴が成功するよりも、自分が好きな奴が成功した方が、みんな楽しいしね

 

映像の世紀では説明されなかったが、チトフはそのあと、ちゃんと2番目に宇宙にいったことがwikiには書かれていた。飛べてよかったね

 

個人的にはこの元ネタに気付いた時は、結構嬉しかったんだけど、検索して見たら、気付いている人はいたみたいだ。史上初めてにはなれなかったよ

 

作者のことみず氏から答え合わせしないことには、正しいかは分からないが、正しかったとしたら、少女終末旅行は宇宙が絡んでくる話になってくることが想像できる

 

アニメの第1話も「星空」というタイトルだったし、

さらにいうと、第8話の「月光」でも一緒に月に行こうとチトがユーリを誘うシーンもあるし、宇宙飛行士が名前の元ネタ説は、確定的なんじゃないかと。最終回はおそらくロケットに乗って月に行くところで終わるんじゃないか、予想だけど

 

映像の世紀を見ていて、ふとひらめいた時は、これが「点と点をつなぐ」ということかと、気づかされて、結構楽しかったよ。この体験は大切にしていきたい

 

少女終末旅行は、アニメが先が気になるところで終わっていて、待ち遠しい

 

先が気になるという人は、今すぐマンガを購入しよう。俺は買った。君も買うといい

 

 

強い自信、高い目標、夢は叶っていると思って嬉しい気分になる

 苫米地英人にハマっている。ハマってるってのは、過小評価で、もはや苫米地の本が、キリスト教が聖書を読むように、なっている。ようは信者だ

 

数えてみたら、100冊くらい読んでるだよね、僕

 

えぇ、100冊って……。多すぎね?苫米地が書きすぎってのもあるけど……

一人の作者に時間をかけているランキング、ダントツナンバーワンだ。ちなみに2番は西尾維新で50冊くらいは読んでいる

ただ、お金自体はそんなにかけてなくて、せいぜい1万円程度くらい。というのはkindle unlimitedで50冊くらい読むことができたり、図書館で借りたり、立ち読みしたりでほとんど金をかけていなくて、手元に持っているのは10冊だけだからだ

 

こちらはもっと重課金の信者さん。150種類以上を2000冊以上持っている。ただし、苫米地信者の中ではかなりの成功者の部類の人間だと思われる。年収1億は稼いでいると発言している社長さんチャンネルだ

www.youtube.com

150種類で2000冊以上となると、1冊で13冊買っている計算になる。オタクの観賞用、保存用、布教用の三つを買うをはるかに凌駕している数だ

 

ところで、150種類といっても、150種類全く違うことが書いている訳ではない。かなり重複しているところもあるので、実質50冊程度書いているものとみていい。それだって多いと思うけど

 

信者というと、悪いイメージがあるかもしれないが、人間は何かを信じなければ、いられない人間であって、無宗教の人間だって、金だったり、仲間だったり、アイドルだったり、二次元だったりを信じているわけだから、同じ信者になるんだったら、苫米地は我が宗教ながら、お勧めできる。博士のいうことだから、科学的な根拠があるから、安心といえば安心だ

 

商材(一つ、5万円から10万円)とかコーチング(30分120万)とかかなり強気の値段だと思うけど

 

ただこれだって、バフェットの食事券が3億もするということを見ると、むしろ安く見えてくる

 

こういうのを見るとバーチャルバリューというのはいくらでも上げることができるということがよくわかる。これを理解すると、情報商材にカッカするということはなくなる

 

情弱騙しというのも、程度の問題だ。占いに金を出す人も、アイドルに貢ぐ人間もいる。何に価値を見出すかは、人それぞれだ

 

ただ、初めて「秒速で億稼ぐ」みたいな広告を見て、買いたくなった人には多少の同情はするが

 

それでも、オウムとか細木数子みたいな変な宗教にハマってお布施するよりは余程いいんじゃないか。あるいはパチンコや宝くじにハマって金をするよりは

 

情弱にならないように、本とネットで常に情報収集しつつ、これから人からも情報をもらえる存在になっていて嬉しい

 

 

 

なっていると黒字で表記したのは、そうすると実際になるからだ

 

苫米地本の目標達成系の本のノウハウをめちゃくちゃざっくり一言でいうと、

 

強い自信を持つこと

高い目標を持つこと

夢は叶っているものとして想像して、いい気分になること

 

この三つに収斂する。色々な理論は語られているが、具体的にやることはこの3つだ

 

詳しくはぜひ読んでほしい

 

数十種くらいの自己啓発を読んできたけど、自己啓発の決定版は

 

コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】?図解TPIEプログラム?
 

 

「言葉」があなたの人生を決める

「言葉」があなたの人生を決める

 

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

完訳 第8の習慣  「効果性」から「偉大さ」へ

完訳 第8の習慣 「効果性」から「偉大さ」へ

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2017/06/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 この4冊でいい。この4冊をそれぞれ3回以上読むだけで、マインドやモチベ系の自己啓発書は一生読む必要もなくなるのでお得だ。なぜこの二人の作者なのかというと、一番新しいからだ。道は開けるとか思考は現実化するとかの本は古くて読みにくい

 

アップデートされたものを読むのがいい

 

特に苫米地の自己啓発書は、科学的な知見が入っているのがいい。苫米地氏は超一流の学者の称号であるDrPを持っていて、本気で自己啓発に取り組んでいる唯一の日本人なのではないか

 

他の凡庸な目標達成プログラムとは格が違うと、個人的には思う。信者補正抜きにしても

 

現状の僕は職も金も女もないし、親に養われていて、自立していない状態だが、それは過去の話だ

 

未来の金もあって女もいて立派な職についている、状態とは何の関係もない

 

今は、それらの夢以上の夢が叶っていると想像して楽しい気分になる

 

美しい

f:id:Shinrei:20171129070204p:plain

 

f:id:Shinrei:20171129071551p:plain

 

f:id:Shinrei:20171129070301p:plain

写真では分かりにくいが、とてもいい景色だった

 

 

www.youtube.com

テーマソングは歓喜の歌だ

 

それくらい美しかった

 

はてなの管理画面が英語から日本語に戻らねえ

f:id:Shinrei:20171126194542p:plain

英語の勉強も兼ねて、管理画面を英語にして見たんだけど、不便を感じたから、日本にも戻そうとしたら、戻らない

languageを日本語にしても日本語に戻らない

どうなってんだ?

追記

できた

www.hatena.ne.jp

ここで右上の設定で、言語を日本語から英語に戻せばいい

初歩的

ハースストーンが楽しすぎるけど……

ハースストーンが楽しすぎて、1週間くらい猿みたいにやった。今は飽きて、人間に戻ってる

で、言いたいのは、このゲーム全くカードが揃わない、ってことだ

 

 あれね、割と課金しても揃わないってことね

そうなのだ。実を言うと、課金したのだ。アプリで初めて課金した。それくらいハマった

ハマる要素はあった。何せ僕は小中学校まで、遊戯王にハマっていたからな。数万円以上の金をつぎ込んで結果、虚しくなって買うのをやめたが、単に金がかかるからやめたというだけで、カード自体は好きだ。カード一覧が乗ったパンフレットを眺めて、どんなデッキを作ろうかな、とニヤニヤするくらいには好きだ

そんな自分が、課金してでも、カードを揃えたいと思うのには、時間はかからなかった

 

???「で、どのくらい課金したの?」

 

確か……7000円くらい

安くない価格だ。新品のソフトが買えるくらいの値段だ

ただ、ハースストーンはそのくらいの価値はある面白さだったから、課金したこと自体には後悔していない

でも、7000円課金しても、ほとんどカードが揃わないということを知って、結構がっかりしたことも事実だ

実際、ハースストーンは全カードを揃えようと思ったら、もう数万円、下手したら数十万円使う必要のあるゲームだ

さすがに一つのゲームにそれだけの金をかける価値は、コスパを考えても絶対にない

それでも、ハースストーンは、良心的な方のゲームで、一応無課金でも、カードを揃えることはできる。でも、めちゃくちゃ労力がかかる

 

あくまで20時間程度プレイした目算だけど、無課金だと1000時間以上かけないと最強デッキを作ることはできない感じだ

それまでは、雑魚デッキでプレイしないといけなくなるので、かなりのストレスだ。デッキが弱いと、対人戦でも負けが続くから経験値もたまりにくい

カードゲームはデッキ構成や、戦術が立てるところに楽しみがあるのに、1000時間以上かけないと、その領域に立てないのだから、さすがに萎える

 

初めから、全てのカードが揃っていて、初心者も上級者も、条件は一緒にしてもらえれば、かなり楽しめるのに……

それだと儲けがなくなるのはわかるけど、課金するなら、色違いみたいな性能は変わらないまま、公平な勝負ができる環境は守るだったらよかったのにな

 

いや、7000円くらいかければ、その状態になると思って、課金したんだけど、全然そんなことにならなくてね。いやー参った参った

 

ま、それでも20時間くらい楽しめたのは事実だし、7000円分の元は取れたとは思う。でも、ハースストーンをもっと十全に楽しみたかったのになあ、という喪失感もあるのも事実だ

 

その喪失感を埋めるために、あと数万円や1000時間の金や時間を奪われるのもバカらしいから、もうやめちった

 

また今度、金と時間ができたらね

 

ハースストーン (Hearthstone)

ハースストーン (Hearthstone)

 

 

なぜテレビや政治家は、アニメが嫌いなのか

嫌いってのは、この場合アニメを規制したり、犯罪者がアニメを見てました、とか露骨にオタク文化を差別するような行為をすることを指す

 

なんで、連中がそんなことやるのかって、簡単で、クラスでリア充とかスクールカースト上位だった人間が、テレビ屋や政治家には多くて、そいつらが学生時代にスクールカーストの下位にいたオタクを差別していたことを、大人になってもやってるからだろ

 

それ以外に考えられない

 

学校が社会の縮図ってのは、まさしくその通りで、学校でいじめをやっていた連中が、大人になってもいじめをやっているってだけの話だ

 

人をいじめるのは優越感に浸れて、さぞかし気分がいいんだと思うぜ、大人になってもやってるってことは

 

まあでも人が他者との差別化を測る生物であることをプログラムされている以上、差別することを、いじめることに脳に快楽という報酬が与えられる以上仕方ないと言えば仕方ない

 

いじめを無くそう、ってのはよく言われるけど、大人ですらやってしまうのだから、子供が学校でやるのは止めようのないことだ

 

いじめはなんでなくならないのかって、いじめは楽しいんだからなくなりようがないんだよ

 

ゲームをやるのと同じ感覚で、人は人を差別する

 

それが人間の本性だ

 

だから、いじめをなくすためには、いじめをやるよりも楽しいことを提示する必要がある

 

解決策としては、人類全員一人一人に5000兆円を与えることだ。5000兆円あれば、その金を使っていじめよりも楽しいことをするに決まっている。いじめよりも楽しいことを知れば、いじめをやる奴はなくなる

 

永久機関でも開発されるか、そうでなくともめちゃくちゃ効率のいい太陽光発電でも開発されれば、実質エネルギーがただになって、人類が皆自分の好きなことをやる世の中になれば、いじめなんかやってる暇なんてなくなるはずだ

 

なんとか21世紀中には、そんな世界にしていきたいものだな

 

錬金術師ってかなりインテリなんだろうな

ハガレンついさっき全部読み返してた。やはり面白い。他の漫画とは頭一つ飛び抜けた面白さだ。物語漫画として、あそこまでの完成度を誇る漫画って本当に少ない。大抵は、人気になると金儲けのために長期連載になってグダグダになるからさ。講談社はよく終わらせたよな、って思うよ

 

で、読んでいて考えてたのは、あの世界の錬金術師って少なすぎじゃね?ってこと。あんな便利な能力、存在を知っているならみんな欲しいと思うはずなのに、できるやつが少なすぎるんだよね

 

それってなぜかというと、おそらく、錬金術って習得するのが純粋にめちゃくちゃ難しいんだと思う。作中では説明がないけど、ハガレン世界の住人はみんな一度は錬金術を習得しようと思って勉強するんだろうけど、途中で挫折してるんだと思う

 

僕たちの現実世界で、数学とか物理を勉強したところで、大学教授レベルまで理解できる人間が数少ないのと同じように、錬金術を理解できる人間ってのも数が少ないのだろう

 

勉強する教材が数少ない(錬金術は基本的に門外不出)っていうのも大きいのだろうけど(エドが錬金術ができたのは理由は、実家に父親が残した錬金術の教材があったのが大きい)それにしたって少なすぎる

 

それに仮にいい教材さえあれば習得できるならアームストロング少将(ムキムキの姉)がアームストロング家に代々伝わる錬金術とやらをできるようになっていないのはおかしい。戦いに使えるものはなんでも使う性格の少将が、錬金術を使えないのは、純粋に頭が悪かったからなんだと思うよ。だから弟が自分より頭が良くて錬金術が使えて強いのに、甘ちゃんだから腹が立ってあんなに嫌いなんだと思う

 

そう考えると、エドのすごさが際立つよな。実家にいい教材があったとはいえ、12歳で国家錬金術師を取るって、僕たち現実世界で12歳で大学教授になるくらい難しいことなんだと思う。12歳で飛び級して大学入るってのは聞いたことあるけど、教授になるのはさすがにない。そんな例あるのか?

 

そりゃあ天才呼ばわりされるし、タッカー氏も嫉妬するわな。カンのいいガキは嫌いだよ

 

もっといえば、中華ロリのメイチャンは何者なんだ?って話になってくる。あんなロリのなりしてるけど、設定では10代前半で、エドと同じくらいの年齢らしい。エドは実家に父の残した錬金術の資料と、イズミ師匠から錬金術を学ぶという恵まれた環境にあったから、錬金術を習得できたとして(+母を蘇られたいという動機、やはり何かをやるにはモチベーションが必要だからな)彼女がどうやって錬丹術を習得したのか、非常に気になる

 

聞けば、弱小民族であるらしいから、錬丹術が学べる環境ではなかったと推測されるが、おそらく運が良く学べる環境があって、自分が所属する民族復興のためというモチベで猛勉強して、習得したんだと思う

 

錬丹術にしても、あんな便利な医療技術なら、絶対に身につけるはずだけど、リン組の一人もできないのは、勉強したけど身につかなかったってことなんだと思う。あるいはいい教材、いい師匠に恵まれなかったから

 

教材があまりに少ない + 習得するのが激ムズ

 

っていう理由で、ハガレン世界では錬金術師があんなにも少ないという推測が立つ

 

ハガレン世界が将来的に技術進歩して、グーグルみたいなのが出てきて、「錬金術 やり方」とググっても、僕たちの世界で難しい数学の式が理解できないのと同じように、大半の人間が錬金術ができないことに変わりはないのだろう

 

 

錬金術ほど、便利ではないにしても、知識という魔法みたいなものを身につけるにはネット検索では足りないというのは、僕たちの世界とは変わりないということだ

 

結論、ちゃんといい教材で、いい先生の元で学べ。そのための学校だ

 

以上

マックのバリューセットって高くね?

って思うんだけど、どうなんだろうな。マックに行くたび疑問に思うんだよね。なんでみんなバリューセットのような高いものを注文するんだろうなって

 

なんで、いきなりマックの話?って思う人がいるかもだけど、僕は今成功はゴミ箱の中にって本を読もうと思っていて、そのための予習でファウンダーをついさっき見終わったばかりなんだよね。面白かったよ

成功はゴミ箱の中には今から読むところ

 

The Founder

The Founder

 

 

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

  • 作者: レイ・A.クロック,ロバートアンダーソン,野地秩嘉,孫正義,柳井正,Ray Albert Kroc,Robert Anderson,野崎稚恵
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2007/01/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 9人 クリック: 354回
  • この商品を含むブログ (118件) を見る
 

 

 で、バリューセットの話に戻るんだけど、マクドナルドが、バリューセットの、原価が安くて利益率の高い、しかも栄養が大してない、ポテトとかドリンクで儲けているのは明らかなわけだから、バリューセットではなく、適当なバーガーを単品2個やチキンクリスピやチーズバーガーを3、4個頼んだほうが、栄養も取れるしセットよりも安上がりで済ますことができる、と僕は思うわけ

 

なぜみんなそれをしないんだ?ポテトやチキンや飲み物は大して美味しくもないし栄養もあるとは思えないのだが。ハンバーガー屋なんだから、ハンバーガーが一番うまいに決まっているわけで、そのハンバーガーをたくさん食べるのが一番効用が高いに決まっているじゃないか

 

例えば、チキンチーズバーガーセットを頼んだら500円だが、チキンチーズとエッグチーズを単品で2つ頼んだら、400円である。ポテトやドリンクがいらなくて、バーガーだけがっつり食べたいっていう人は、この頼み方がベストだ。さらにがっつり食べたいけど、500円に納めたいという人はチーズバーガーやチキンクリスピを4個頼んで、もぐもぐ4個のハンバーガーを腹に収めればいい

 

僕はいつもこの頼み方をしている。ポテトもドリンクも大して美味しくないし、腹が膨れることもないのだから当たり前だ

 

ただ、この頼み方をすると飲み物がなくて、塩分に殺されるじゃねーかっていう声が聞こえてくる

 

これの解決方法は、メニューに載っていないからあまり知られていないかもしれないが、マクドナルドでは水を無料で頼むことができるので、それで喉の渇きを癒せばいい

 

ハンバーガー各種数個 + 水

 

これが最高にコスパがいい。ハンバーガーとコーラが最高にうまいだろJKという人がいるかもしれないが、そのうまさを否定するわけではないが、その楽しみ方はブルジョワの楽しみ方だと知ろう

 

貧乏人は、ハンバーガー単品を量食べて飢えを凌ぐのが最良だ。そんなにコーラと一緒に楽しみたいなら、ハンバーガー単品を持ち帰りで頼んで、コーラは2リットルのやつで楽しむのがいいだろう。それが1番安くて量を食べる方法だ

 

???「そもそも、マクドナルドに行かないで、自炊するのが栄養もコスパもいい、健康にいいのだから最良では?」

 

その通り。アメリカだと、マクドナルドのせいで肥満が社会問題になっているからな。料理はもはや文化で、貧乏人はその文化を忘れてしまっていて、マクドナルドで腹を満たして、肥満になり病気になり治療費が払えず、死んでいくという

 

自炊するのが面倒だというなら、せめてスーパーやセブンイレブンで、バランスの取れた食べ物を買うのがいいだろう

メインメニューは米を炊いて、カレーやふりかけや納豆や魚をおかずにして食べて、サイドメニューは野菜を切り刻んだパックにドレッシングぶっかけて、飲み物は野菜ジュースや牛乳にして、デザートにフルーツを取れば、もっとも料理の作業を最小(米炊くだけ)で栄養をたくさんとる方法ではないか。僕はいつもそうしている

 

やはり肉はたくさん食べれば、明らかに悪影響があるからな。ほどほどにするのが一番だ

 

ましてや毎日マクドナルドで食べるなど、緩やかに自殺しているのと同じことだ。現在進行形でマクドナルのせいで、アメリカ人の大半の平民は緩やかに自殺している。日本がその二の舞になる必要はないだろう

 

スーパーサイズ・ミー [DVD]

スーパーサイズ・ミー [DVD]

 

 

 

ただ、今回はマクドナルドに行って、もっとも安く栄養をたくさんとる場合、バリューセットはコスパが悪いという話をした

 

参考にしてもらえれば、幸いだ

 

メガネが歪んだら、メガネバンドの購入を検討しよう

先日、自転車でメガネを誤って踏んでしまって、メガネを歪ませてしまった。自転車で踏んでこの程度で済んだらまだいい方であったが、明らかにつるはしが開いてしまっている

f:id:Shinrei:20171031193735p:plain

わかるだろうか。左側のつるはしが開いてしまっている

 

f:id:Shinrei:20171031194437p:plain

f:id:Shinrei:20171031194617p:plain

アップ。右側と比較すると、明らかに外側に開いてしまっている。ガバガバだ。これだと、かけているうちにどんどんずり下がってしまって、まともに作業をすることができなかった

 

メガネ屋に持って行ってみたが、この状態になってしまうと、これ以上なおすことができないそうだ。元に戻らないほど付け根の部分が歪んでしまっているとのこと

 

 

通常であれば、買い替え確定だ。しかし、できるなら出費を抑えたいのが、金が希少な大半の平民の悩みではないか。僕もその一人

 

その悩みは解決可能だ

 

グラスが割れれば、即買い直し決定だが、つるはしがガバガバであるだけなら、メガネの延命をすることができる

 

メガネバンドを購入すればいい

 

f:id:Shinrei:20171031195846p:plain

これで、ガバガバとはおさらばだ。二つの丸の部分で開いたり閉じたりして、長さを調整することができる。作業しているときはきつめにして、メガネを外すときは、ゆるくして、取り外すといいだろう

 

さらにこのメガネバンドは、本来スポーツ用なので、インドアのパソコン厨の僕のような人間には、潜在的にスポーツをやりたくなるような動機付けがなされたのも、大きなメリットと言っていい。最近は運動不足だから、卓球とかやりたいな、とか思っていたので、メガネをかけながら卓球をやるなら、メガネバンドは必須と言っていいだろう

 

欠点は、これをやって外に出て普段の人と会うと、場違いになって恥ずかしいと言うことだ。少なくとも、僕はいちいち人に、「なんでメガネにバンドしてんの?」とか尋ねられるのを結構嫌がるし、そういうことを言われそうだというだけで、ストレスがある

 

しかしこれも、自宅で一人で作業するだけなら、問題はない。外で作業するときは、また別の度の高いメガネをしている。バンドをつけたのは室内用の度の低いメガネだ。室内で、作業するだけなら、誰にも何も言われない

 

よって、デメリットはなくなる

 

単純な金銭面においても、1万円かけて買い換えるよりも、1000円でメガネバンドを買い替えたほうが、安上がりという機会も多いだろう

 

そういう意味で、かなりおすすめである。メガネが歪んでガバガバになった人などは、ぜひとも購入を検討していただきたい

 

 

オタクの何がいけないって……

世間に認められるスキルを伸ばすことができないからという理由で、自分に自信がないので仕方なく始めたのオタク趣味だったということが往々にあり、大人になってから、そのオタクになることで得たスキルの現実への還元率の低さにオタク自身が絶望するということだ

 

世間がオタクをいけない扱いするのではなく、オタク自身が自分をいけないやつ扱いすることが、いけない

 

もともと自分にはなんでもできる圧倒的な自信があって、どんな夢でも叶えられるという自負が幼少の頃からあるならば、まず学校の中で評価されるもの、みんなと仲良くやってスクールカーストの上にいき、スポーツも勉強もトップを取る。そしてその延長線上で、歴史の教科書に乗るような、政治家だったり、学者だったり、経営者だったり、そういう世間一般の誰もが”立派な仕事”だと賞賛するような職につく

 

成績トップのリア充は、アニメーターにも漫画家にもならないだろうし、仮にそいつが本気でオタク分野を仕事にしようと思ったら、確実に勝ちに行くだろうし、実際そういう奴は勝つ

それに負けたとしても、自分にはなんでもできるという自信がある中で、これをやりたいと思ったからやったという”選択の自由”があるから、そういうリア充オタクには何をやっても後悔というものがない。そこが、何かができないという理由で、”選択の自由”がない中で、オタクをやった、非リアオタクとの大きな違いだ

 

それでも「クラスのみんなと仲良くしたり、スポーツや勉強ができない」から代わりにパソコンにのめりこんでナードになったのならばまだいい。そういう奴は高校まではバカにされがちだが、大学や社会人になると世間のみんなが立派な職に付いている奴だと賞賛されることが多い。ビルゲイツみたいなナードの成功者がいい例だろう

 

有能で社会に必要とされるものを提供できたならば、その人の未来は明るいものになる

 

少年時代、非リアであったことが、成功に結びついたのなら、納得がいく。成功した後で、一流大学の卒業式で「connecting the dots」とドヤ顔でいくらでもスピーチできる

 

しかし、アニメや漫画は違う。アニメや漫画はそこに従事している人間たちの収入の期待値があまりに低すぎる

 

その理由は本質的に人はコンテンツに金を払わないからだ

 

本当はみんな、アニメや漫画を大して必要としてないんだ

 

必要としているなら、もっと金を払うだろ。そうじゃないってことは本当はいらないものなんだ

 

そういう必要としてないものを、自分が必要にされないからという理由で始めて、自分が好きなものだから、好きなことを仕事にした末に、自分の好きなものも、そして自分自身も必要とされない、という残酷な現実を突きつけられる

 

それがオタクの絶望であり呪いなのだ

 

もしも子供に名前をつけるとしたら

いや、彼女もいないくせに何寝言言ってるんだって話なんだけど、寝言は寝て言えやって話なんだけど、起きてて夢見るくらい別にいいだろ。夢がなきゃ人は死ぬからな

 

生きたいし、夢は見るよ

 

それに別に夢うんぬんという話抜きで、自分の子供がもっとも幸福になるだろう名前をつけるゲームをやっていると仮定して、どういう名前をつけるのか自分だったらどうするだろうと、考えるのは思考実験として面白い

 

子供絶対に幸福にするネーミングゲーム

 

これをプレイした場合、僕ならどんな名前をつけるだろうか

 

考えてみよう

 

まずキラキラDQNネームはなし。名前なんて時代によって、普通変の感覚は変わるのだから、キラDQネームがむしろ普通になる未来だってあるんだから、別につけてもいいだろっていう主張がありそうだけど、やはりまともな家庭ほどまともな名前をつけるという風潮はあと少なくても数十年は残るだろうから、まともな人間だと見られるために、まともな名前をつけるのがまともな親のやることだ。あと、いじめられそうな名前もなし。運子(うんこ)ちゃんとかね。確実に一生糞呼ばわれされる名前じゃん。そういうのはなし

 

第1条件、世間体の名前

 

次に、クラスメイトや同僚、そして何より有名人とのダブりを避けるため、数が少ない名前が望ましい。名前というのは、個人を特定するための記号なのだから、その記号にダブりがあると、特定しにくくなって、名前の意味を果たせなくなる。よく有名人が好きだから、それと同じ名前をつけるという親がいるが、それはネーミングにおいて愚かな真似としか言いようがない。よって、名前をつける前に、つける名前をググって少なくとも有名人とのダブりを避けるのが望ましい

 

第2条件、差別化の名前

 

ここまでの条件はまともで希少な名前だ

 

ここにさらに僕ならば、簡略化のためのひらがなが望ましいと考える。なぜなら、漢字だと書くのが面倒だからだ。あなたも一度は思ったことがあるのではないか?名前書くの面倒だと。手書きなら画数が多いし、キーボードでもいちいち変換して、漢字やカタカナを探す作業加わってしまう

テストの答案用紙、契約書、一生のうちで何度何度数え切れないほども自分の名前を書く機会がある。その作業をできる限り短くできればいいのに、と一度は思ったことがあるのではないか。自分の子供にはそれができる。名前は画数が少なく短いほど幸福になる確率が上がるのは確実だ

 

第3条件、簡単な名前

 

これらの条件を満たす名前を考えると、以下の名前が思いつく

 

女の子:えな、ここ、さな、その、とわ、ほの、みな、ゆら

男の子:ある、いち、がく、けん、こう、しん、そう、よう

 

などだ

 

個人的には、生来のめんどくさがりもあって、名前がひらがなで2文字というのはものすごく魅力的に映る。かっこよさとかどうでもよくて、「あ」とか「1」とかそういう識別するためだけの最短の記号がよかったが、それではさすがに名前とは呼べないだろう

 

いちいち書いたり、変換したりするがものすごく面倒だ。今からでも、名前をひらがなに変えて簡略化したいくらいだ

 

僕のハンドルネームがひらがななのも、そのめんどくささからもきている。変換しなくて済むハンドルネームだ。

しかし、しんれーというハンドルネームも、「しん」とか「れい」とかだと、ダブりが出てくるし、何よりハンドルネームっぽくないしな。ハンドルネームは本名の場合とはまた違う、世間体のルールになる

 

そういう意味で、しんれーというのはちょうどいいハンドルネームだ

 

 

余談ではあるが、自分の子供ではなく、本当にゲームで名前をつけるというのであれば、「あ」が望ましい。 TAS動画ではよくあることだ

 

なぜなら、世間体も差別化も必要なく、もっとも早く入力することができる名前だからだ

 

JBL Pebbles バスパワードスピーカー紹介。比較あり

前々から欲しかったPCスピーカーを今回購入した。これでワンランク上の音質で、動画や音楽を楽しむことができる。しかも、これもワンランク上の5000円するスピーカーだ

 

 

音楽程度に5000円かける価値はあるのか?それは比較すれば明らかだ。というわけで、比較をお見せする

 

まどマギ、モーツアルト、ヒカキンの動画を、それぞれ、前半30秒スピーカーあり、後半30秒スピーカーなしで録画した

 

あなたの耳で比較して、そこに5000円の価値があると思えばご購入いただきたい

 

 

 個人的には5000円の価値はあると思う。毎日アニメや映画や音楽をちょっとリッチに楽しめるだけでも、結構幸せだ

 

あなたも、このスピーカーがあれば、人生が少しだけ華やかなものになるんじゃないだろうか

 

ぜひともご購入を検討していただきたい

 

 

もっとも手っ取り早く世界平和を実現する方法

軍事費をなくして、その分の金を、衣食住、教育、医療費を無料にすることに回す

 

そんだけ

 

これだけで、世界は平和になる

 

人類が見続けてきた、最高の楽園はそれだけのことで実現するのだ

 

どこかの本で書いてあったが、計算上、日本の軍事費を全て食料に回すだけでも、世界中の70億人の人々を養うだけのカロリーが見込めるようだ

 

 

そんなことをすれば、日本が戦争を仕掛けられて、敗戦するだろと、言われるかもしれないが、世界中の人々を養っている国を誰が攻めるというのか

 

そして、それをすることができるのは、専守防衛を貫く日本において他ない

 

日本以外の国はどこも、貧困と戦争に溢れている。とても他国を気遣う余裕などない。どこの国も権力者たちが戦争ビジネスで儲けたがっているせいで、いつまでも貧困と戦争が絶えない

 

そんな状況から物理的にも距離をおいている、軍事利権が比較的ない、島国の日本のみが、人類を救済する先達になりうる

 

いつの日か、世界中に日の丸弁当が配られ、世界中の人々が日本に感謝する時が来る

 

そんな未来が僕には見える

 

 

留学したい

いや、Fラン大出身で、しかも就活もうまく言ってないようないような、名実ともにバカで負け組のお前が何を妄言を言ってんだって、話ではあるんだけど、それが今の僕の本音であることは確かだ

 

留学と言っても、金さえ払えば、行けるような学校ではない。めちゃくちゃ勉強しても本当に優秀なやつしか入れないような大学だ

 

どうせ、大学に入り直すなら、めちゃくちゃ高みに行きたい訳で、めちゃくちゃ高みというと、東大より上の、海外の大学になってくる

 

今検討しているのは、シンガポール国立大学だ。アメリカの大学もいいなと思ったが、いかんせん学費がバカ高いし、将来性を見るなら、アジアの方が経済発展することは確実なのだから、そっちの方がコスパがいいという判断だ。そして、シンガポール国立大学は、アジアで一番の大学だ。一番を狙いたい今の僕向きの大学である(夢見すぎ)

 

最近は、NUSの画像やカリキュラムを一日中眺めたりしている。いや、お前程度の頭の人間がそんな立派な大学眺めてるのって、ブサイクの人間が、アイドルを眺めているのと、同じじゃね?絶対付き合えねー叶わない夢じゃん、ってきっとみんなに言われるだろうし、親もいうのだろうけど、実際問題、劇的に人生を変えようと思って、影響力を持った成功者になろうとした場合、もっとも手っ取り早い方法は、圧倒的な肩書きを得ることなんだよね

 

ただの妄想勘違い野郎だと、みんなの眼に映るのだろうけど、僕は結構大真面目だ。そのために毎日TEDで英語だけをみて英語を学んでいる。僕がメンターにしている英語は逆から学べに従って、英語を日本語ではなく、英語のまま理解するために、英語の字幕しか写していない。ちなみにいつもみているのは、Bill GatesのTEDをよくみている

 

英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)

英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)

 

www.ted.com

 

成功者のプレゼンを聞いていると、モチベが上がる。アジアで一番くらい楽勝じゃね?ってきになる

 

 

僕がFラン大学に入る羽目になったのは、単に18歳の時点で勉強に興味がなかったからだ。浪人がしたくても、させてもらえなかったから、Fランクに落ちただけだ。高校生の時点で1万時間の読書とネットで情報を仕入れてなかったから、情弱だっただけだ

今なら、一万時間の読書のおかげで、学問やビジネスに目覚めているし、大学に入るなら、最低でもマーチに入らないと、コスパが悪いこともわかってるし、英語を英語のまま理解しないと、英語を学べないことも知っている

 

知らないから、バカな選択をしてしまったのであって、今なら賢い選択を、留学して、社会的な階層を上がるという選択をするという、発想ができる

 

しかし、今の僕の肩書きでは、優良企業に入ることが(それだって、高望みであるが)実現可能な最善手である

 

今は、それしかできないが、いずれは留学するという未来がやってくる。学び続けることでしか生き残れない以上、30歳、40歳になっても、大学に入るということが普通の時代になるはずだ

 

その時こそ、底辺大学であっても、超一流大学に入って、成功することできるんだという前例を作ることができるし、その前例を作るのはきっと僕なのだ

 

そんな未来が僕には見える

 

夢を見すぎだろうか?

 

僕はそう思わない

 

今は英語と就活をやる

 

ちなみに苫米地氏の著書は何十冊がkindleunlimitedで読むことができる。苫米地氏はカーネギーメロン大学というコンピューターサイエンスの分野でトップの大学で博士(Ph.D)を取った人だ。東大卒よりもはるかに高い学歴なのは事実で、実質この世でもっとも信用できることを言っている人間、と言っていいだろう。学者以上に確からしいことを言う職業はいないわけ(それが仕事だからね)で、その学者の中でトップの人間の言うことならこの世でもっとも確からしいことと言っていい。その人間の著書がたった千円で何十冊も読むことができるのだから、こんなにお得なことはないのではないか

 

ぜひとも登録して読んでもらいたい

 

クロックスにさよならを

超久しぶりに、靴と靴下を履いた

寒くなってきたからな

どのくらいぶりだ?

多分8ヶ月ぶりくらいで履いた気がする

 

基本、裸足とクロックスのラフな格好だからな

 

で、感想はというと、ちょっとだけまともな人間になった気がするよ

 

いや、社会人って基本、靴下と革靴じゃないですか。サンダルで昼間歩いてると、不審者扱いされてる感じになるから、いささか落ち着かないんだよな。まあだからと言って、靴下と靴吐くこともないんだけど

 

だって、靴下って長時間履いていると、絶対脱ぎたくなるじゃないですか。部屋にペイってやりたくなるじゃないですか。んで、ペイってやったやつ、俺絶対元に戻さずわすれちゃうわけで、毎日履いてると、どんどん部屋に溜まっていくわけですよ

 

そういうことにならないためにも、靴下はそもそも履かないようにするのが一番な訳でで、靴も履かなければ、手入れをする必要もないから、色々と手間が省けるから、個人的にはこっちの方がいい

 

何よりらくだしね

 

しかし、社会人になればこういう風にもならないのだろうな

 

できれば、私服okの会社に入ろうとしているのだが、なんだかね

 

今はプログラミングのオンライン講座で腕を磨いているところだ

 

いやいや、今もう寒くなって十月なのに就職決まっていないとか、どんだけだよ。実はちとうつ気味でな。もっと早くにインターンが決まって働くつもりだったんがだが、インターンにすら受からなくてね。

原因は、今は事情があって、田舎の実家にいるってことと、実力が足りていないということなのだろうから、オンラインで腕を磨いて、仕事になるレベルになったら、インターン受けて、受かったら、その近所に引越ししようというのが、今のところプランなのだがな

 

マジで就活つれーわ

 

ずっとクロックスで、らくに昼間、散歩していたいものなのだが、そろそろその時期も終わりだ

 

やろう