幸福か不幸かの認識はだいたいセロトニンで決まるから、とりあえず腹筋しとけ

鬱だ。生まれてこの方、だいたい鬱だったんだが、っていうと、うつ病認定されている方から、お前本当に鬱なんか?と聞かれそうだから、鬱の定義っていうのここでは様々な物事に対して悲観的に見てしまうと体質とでもしておこう。

 

例えば、生きてても仕方がない、とかさ。究極に悲観的だろ?あと何をやっても仕方がないとかさ。いやいや、仕方ないって何よ?それってお前の主観だろ?仕方ないかどうかなんて、お前の認識一つでいくらでも変わるんだから、考え方一つで変わるんだから、生きてるって楽しい!!!っていう意識変化はいくらでもできるはずなんだよ。

 

んで、それができない理由ってのは、ようは快楽物質が脳内でドバドバ出てるかどうかにかかってるわけだ。快楽物質さえあれば、俺が彼女いなかろうが童貞だろうが、就職出来なかろうが、金がなかろうが、生きてさえいればハッピハッピーな訳だ。いや、彼女がいて金がありゃあ、そりゃあハッピハッピーな訳だけど、でもそれって所詮は快楽物質を得るための手段な訳でさ。それは瞑想でもいいわけよ。一説によると、瞑想は性行為によって得られる快楽物質の量が何十倍もあるそうで、性行為よりもはるかに気持ちいらしい。

んじゃあ、黙ってそれやれっていう話なんだけど、なぜからやらない。

それはやっぱり現状維持が脳のデフォルトの機能であって、挑戦しないことが第一選択肢で、ようは不幸でいることが好きなんだよな。

 

そもそも快楽物質をドバドバ出すために腹筋するための快楽物質がないから腹筋出来ないっていう、妙なパラドクスがあってさ、鶏が先か卵が先かで、そもそも卵がないじゃんみたいな。

 

なんか昔からの癖で、いろいろごちゃごちゃ考ちゃんだよね。しかも悲観的に。

んなめんどーなこと考えずに、勉強で一番取るためにはどうすればいいか、金を儲けるためにはどうすればいいか、一番可愛い子と付き合うためにどうすればいいのか、みんなの評価を得られるためにはどうすればいいか、っていう人間の根源的な欲望を満たすことを考えて、そのためのプラン考えて即行動して トライアンドエラーを繰り返すってことを10代からやってりゃあ、かなりいいところまで行っていたはずなのに、なんか悲観的にめんどーなことを考えてっ方、こんな出遅れて落ちこぼれになっちまって、よりめんどーなことを考えて、で負のスパイラルだ。

 

そういう根源的な欲望と向き合わずに、間接的に満たしてくれる、漫画やらゲームにはまってしまうから、より現実との折り合いがつかなくなる。あと性行為ってのは見るものじゃなくて、やるものだし、パートナーと一緒にやるもんなんだっていう、そもそもの認識からして、かなり勘違いしてるっぽいからな俺。そんなんだからいつまでたってもどうていなんだよ。

 

なんだろうな、生まれながらに、遺伝子レベルな、不安とか恐怖する脳内物質が出ているのかもしれない。けど、それだって改善可能なんだ。

努力もせずに諦めるのはかっこ悪いだろ。お前は今まで何万という物語で、格好いい主人公の生き様を見てきたわけだろ。それならそういう主人公みたいなやつになればいいだよ。

 

もうめんどーなことを考えるのはやめよう。今はプログラミングでAランクを取ることのみ考えて、優良企業に入ることだけを考えて、トライアンドエラーしていけばいい。PDCAを回していけばいい。

その末に、社会的な地位を得られれば、後から金も女も手に入る(うわーこの言葉、欲望に忠実すぎて、引くわ。んでも結局これさえあればかなり幸福になるのも事実だ。俺に足りないのは欲望に忠実さだ)

 

馬鹿になって、賢くなろう。

 

とりあえず、何も考えず腹筋するところから。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

鬼速PDCA

鬼速PDCA