アイコン制作奮闘記。それと俺の嫁の話

 デフォルトのノーイメージのアイコンではどうにも寂しいし、その人の個性が出ないので、何か適当なアイコンを張ることにした。

 自画像を載せることも考えたが、僕はネット特有の匿名文化が好きだし、主にツイッターなどで自分の嫁キャラをアイコンにするオタク系の人たちにも好意的なので、そういった文脈に従おうと思う。身バレもイヤだしね。

 

 で、僕の嫁キャラっていうと、正直思いつかなかった。普通に好きなキャラは数多く思いつくのだが、このキャラは俺の嫁だ!と力強く愛を叫ぶほどでもない。

 そこで僕がもっとも思い入れのある涼宮ハルヒの憂鬱の中のキャラのどれかにしようかと思った。しかしそこでもとくにこれっというキャラクターもいない。長門俺の嫁!という枕詞に従って、長門をアイコンにしようかとも思ったが、長門はみんなの嫁であって、あんまり僕の嫁って感じがしない。僕に多大な影響を及ぼしたキャラには違いないのだが、アイコンにするほどでもないような気がする。

 ということで、あえて二次創作の人物であるキョン子にアイコンの座を任せることにした。うん、これなら僕のアイコンって感じがしてしっくりくる。というのも、キョン子は僕に二次創作の存在を初めて教えてくれた偉大なキャラだからだ。まだネットに触れて間もない頃、ハルヒにはまってハルヒと検索をかけてネットという広大な海を旅(ネットサーフィン)していた頃、公式にはいないキョン子がキャラソンを歌っていてとても驚いたことを記憶している。

キョン子に倦怠ライフ・リターンズ!を歌ってもらった 【完全版】 by Κ(カッパ) 歌ってみた/動画 - ニコニコ動画

 この動画を見たときに衝撃はすさまじかった。なぜならキョン子に初めて出会ったのもこのときが初めてだったし、素人が歌ってニコニコ動画にアップした曲を聴くというのも初めてで二重の意味で驚きだった。初めは歌っている人間はプロの人なのかと思った。しかしそれでは理屈に合わないのである。なぜならキョン子は公式のキャラクターではなく、性転換ネタという二次創作の上でのキャラクターだからだ。ここではキョンのキャラソンを二次創作のキョン子が歌っているという設定で、素人の歌い手が歌うという、二次創作の二次創作が行われていたのである。ニコニコ動画のサービスおかげで歌ってみたや踊ってみたさらにコメントによって二次創作は当たり前のことのように思われるかもしれないが、当時は新鮮なことだった。漫画の二次創作自体は昔からあったのだけれど、僕の体感でその存在と出会ったのはこれが初めてのことだった。

 キョン子はそういうことを教えてくれたキャラである。

 そしてそれを抜いたとしてもオリジナルのキャラクターでありながら、キョン子は魅力的なキャラクターなのである。

 キョンの趣味嗜好であるポニーテールとキョンから受け継いだやれやれ巻き込まれ系のノリとやる気のないダルデレ。女の子版キョンは僕の感性にどんぷしゃのヒロインなのである。そこに本物のヒロインたるハルヒキョン子とくっつくとダルデレとツンデレが奏でる百合百合のハーモニーが生まれてたまらんのですよ。あえてキョン子×ハルヒのカップリングこそが最高であると僕は言いたい。確かに原作に準じたキョン×ハルヒキョン×長門、性転換のキョン子×ハルヒコやキョン子×一姫も悪くはないのだけれど、僕はハルヒコではなくハルヒのままでキョン子と百合百合キマシでくっつけさせたい。

ハ/ル/ヒのマンガを描 by 茶麻 - ニコニコ動画

 その想いはこの動画を見ればご理解いただけると思う。あーキョン子かわいいよ。ハルヒといちゃつくキョン子かわいいよ。

 

 閑話休題。アイコンの話である。

 僕には絵の技術というものがこれっぽちもない。小中高と美術の成績はほとんど3かそれ以下だったと思う。最後に絵を描いたのは高校の美術だったと記憶している。そんなわけで自分で描くのは難しい。

 そこでネットから持ってこようと思ったのだが、そこには無断転載という問題がある。詳しくはググってもらえればわかると思う。

matome.naver.jp

 僕はこのNAVERまとめを参考にした。イラスト付きで異様にわかりやすいのでおすすめである。NAVER便利だわ。

 調べた結果、許可さえもらえれば転載してもかまわないということなのだが、その申請することが面倒であるし、したとしても許可されるとは限らない。または絵師に直々嫁キャラ描いてくれ、と依頼するのも手だがそれも面倒だろう。嫁キャラをアイコンにしたい。しかし自分で描くことも絵師に許可を求めるのが面倒だ。そんな人におすすめなのがフリーアイコンである。

 僕はアイコンを作ること自体がこれが初めての経験でその辺に詳しくなかったのだが、これをきっかけにフリーアイコンというものがネットの世界にはあることを初めて知った。長らくデフォルトのノーイメージの卵やら男性のシルエットで見る専していた結果だった。情報強者の方々には常識なのかもしれないが僕のように嫁キャラをアイコンを作りたいが無断転載怖い、一体どうすればいいんだ、情報弱者のオタク君もいるかもしれないから、その人たちに読んでもらえるばいくらか役に立つかもしれない。

 フリーアイコンと検索してもらえれば一番上にニコニコ静画でフリーアイコンとタグ検索されたページが出てくると思う。一応リンク張っとく。

seiga.nicovideo.jp

 ここにある可愛らしい絵の数々は基本勝手に使っていいらしい。説明文を読む限り、出所を明らかにしたり、プロフに作者の名前を記載したり、使うことを報告したり、コメントをつけたり、フリーアイコン以外に使用してはダメだったり、加工や二次配布はダメだったり、自作発言を控えたり、これらのことに気を付けていれば使用可能のようだ。お借りします、というコメントを見る限りすでに多くの人が利用しているらしい。

 僕もマナーを守りながらここにある絵のどれかをアイコンにして、お借りしますとコメントするつもりだったのだが、肝心の嫁キャラであるキョン子がどこにもいないのである。

 これは困ったな、ってことで僕はとりあえず「キョン子 フリーアイコン」と検索してみた。そこでちょうどいいのが出た。 

キョン子 あらゆる使用・改変・転載・二次配布を許可します。使用の際のご報告もなくてかまいません。 #フリーアイコン... on Twitpic

 ここには『あらゆる使用・改変・転載・二次配布を許可します。使用の際のご報告もなくてかまいません』と書かれている。つまり何してもいいということである。というわけで気楽に使わせてもらうことにした。不要なのかもしれないが、一応絵師のharuhisky氏のツイッターのリンクを張っておく。

haruhisky ふた学E-13(@haruhisky1)さん | Twitter

 

 いずれは自分に適したアイコンを作るだろうけど、今のところはこのアイコンでいこうかと思う。みんなも画像添付する際は無断転載に気を付けるように。

 ……ま、自分の顔をいい感じに撮影して載せればそれが一番な気がするけど。顔覚えてもらえるしね。それが嫌だから美少女キャラをアイコンにしてるわけで。美男美女や表舞台に立つ人には、顔を晒さないネット特有の匿名文化がわかりにくいのかもしれないな。