読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラを観るとともに、傑作怪獣小説MM9もついでにいかがか。キンドルアンリミテッドで無料で読めるし

先日実家に帰ったときに家族とシン・ゴジラを再度観てきた。やはり面白い。シン・ゴジラはいいぞ。ただ前記事でシン・ゴジラは一般人とオタクかを判別するリトマス紙的役割を果たすオタク映画であるといったことを記述した。ファミリーで観に行くようなものでもない。母はともかくとして、妹に感想を訊いたら面白いといっていたので、よしよしオタクだな、と確認していた次第だ。

さて、この機会に怪獣の魅力に目覚めたという人もいることを見越して、怪獣映画ではなくあえて怪獣小説をおすすめしたい。

 

MM9 (創元SF文庫)

MM9 (創元SF文庫)

 

 怪獣映画の魅力と言えばなんといっても巨大な怪獣が家やビルをど派手に破壊していくシーンだが、その意味で行くと怪獣小説は魅力がない。これは映像と文字表現全体に言えることだ。ならば小説で怪獣を楽しむ理由は何なのかと問われれば、本書で言えば怪獣が存在するとしたらそれは一体どういうものなのかを科学的に突き詰めていくところだろう。シン・ゴジラはリアリティーを追求して怪獣が東京を襲ったら政治や軍隊はどう動くのかのシミュレーションだとしたら、本書は怪獣が存在するとしたらそれは一体どういうものなのかのシミュレーションするといった具合だ。SF好きにはたまらない一品である。

詳しくは過去記事で勧めているので興味があれば読んで欲しい。

 

shinrei.hatenablog.com

 

シン・ゴジラが流行ってるっていうトレンド的な理由もあるんだけど、なんといってもこの本キンドルアンリミテッドで無料で読めるんだよ。すげーよ。月額1000円でこれだけ読めるなんて本好きにはたまらねえよ。もっと種類増やしてほしいわ。

f:id:Shinrei:20160812091321p:plain

 

ここ最近の僕はキンドルアンリミテッドにご執心で、ずっと読みまくっている。無料期間が終わる頃に読んだ本のリストでも上げようかなって思ってる。アンリミテッドで読めるけど、もう前に読んでしまったダブりの本も併せてアンリミテッドで読めるおすすめ本ランキングなんて作っても面白いかも。

ただ僕は無料期間が切れたら解約して、様子見するつもり。やっぱり根っからの貧乏性で、もっと種類が増えてから課金した方がお得だよなって判断しちゃうんだよね。課金したのだから元取るために読みたくない本を読んでも仕方ないしね。

なんにせよ、シン・ゴジラが流行ってるし無料で読めるしMM9読んだらいいんじゃね?っていう題名通りの記事である。