やる気のないときは音楽を聴いて、筋トレして、風呂に入って、やったー!すごーい!と満面の笑顔でバンザイして俺TUEEEEEするといいよ

さっきまで、ずっとツイッターのTLをだらだらと眺めていた。死んだ魚のような目になって眺めていた。何か有益な情報があるわけでもないのに、狂ったように凝視して、無意味な時間を過ごしている爬虫類脳に支配されている状態になっていた。

人生は有限だというのに、無限にあるかのように時間を使っている。非常に非生産的だ。かつてテレビをよく見ていた時などは、見たい番組もないのにザッピングして暇を持て余していた。あの状態によく似ている。

ただツイッターに関しては、相互性のある自分の意見を能動的に発することができるので、いくらかマシかもしれない。一方的に言説や広告を見せてくるテレビは見てはいけない。

テレビは見てはいけない (PHP新書)

テレビは見てはいけない (PHP新書)

 

 しかしそれにしたってTLを眺めているだけというのも、無為な行為だ。面白いツイートがあって、くすりと笑ってしまうことも度々あるが、ほとんどは大した意味もないつぶやきである。そんな暇があるなら、もっと有益な書物などをたしなむべきだろう。

読みたい本はたくさん積ん読してあるというのに、それをほっぽり出して、ゴミのようなテキストを熱心に読んでしまう。これは一体どういうことなのだろう。

こういった状態に陥るのは、目標がないからだと僕は思う。明確な目標があって、本気でそこに到達したいと考えているなら、一分一秒も惜しいんで、努力するはずだ。僕にはそれがないから、こうやって無為な時間を過ごしてしまう。

いや、目標はないこともない。目的はあることにはある。しかしまさに気の迷い、魔がさすことによって、つぶやき群が催眠術となって、僕をただ何も考えない爬虫類の脳みそになったゾンビへと変えていってしまう。

あるいはゾンビでいることが、心地いいのかもしれない。何の喜びもなく、何の悲しみのない植物のような人生を歩みたい、とどこかのサイコパスは言ったが、そのセリフに僕は結構共感した側の人間だった。その状態になった時、幸福の収支表は、プラマイゼロとなる。ブッタはこの世界は苦から始まっていると、言い残したように、幸福の収支表は往々にしてマイナスだ。ならば爬虫類にでも、ゾンビにでも、植物にでもなりたいというものだ。そのための道具として、テレビやツイッターは有用なのかもしれない。

しかし、本当はそうじゃないだろう。本当は収支ゼロにしたいわけではないだろう。本当は幸福になりたいのだろう。みんなそうだ。俺もそうだ。だけどそうできないから、やる前に諦めて、やってできなくてやらなかった時より落ち込んで、その時に収支がよりマイナスにならないように、絶望の先払いをしているだけなのだ。

 

そんな人生惨めすぎるだろ。

 

だからこその音楽だ。

だからこその筋トレだ。

だからこその風呂だ。

だからこそのけもフレだ。

だからこその俺TUEEEEEだ。

 

脳に快楽物質を音楽で分泌させる。筋トレでさらに分泌させる。風呂でさらにさらに分泌させる。けもフレでさらにさらにさらに分泌させる。

 

さらにバンザイとすることで、効果は増大する。

顔の表情や体のポーズがテストステロンの分泌に影響をお様子ことは、TEDでも言われている。

エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」 | TED Talk Subtitles and Transcript | TED.com

 

さらにさらにさらにここで、アフォメーションもすることで、効果は指数関数的に増えていく。快楽物質がドッパドッパドッパッドッパ出てくることになる。

アフォメーションは、一言で言えば俺TUEEEEEEEと唱えて、俺は目標を達成している状態にあってうれしー!と現在進行形で妄想する行為だと思ってくれ。

ここまでやれば、もう爬虫類もゾンビも植物も卒業だ。晴れて人間入学おめでとうだ。

やったー!うれしー!すごーい!感情豊かで人間味あふれる人間としての生を全うすることができる。

僕はこれでいつでも幸福になれる自信がある。夢に向かって前進することができる。

みんなもライフハックとして、参考にしてみてくれ。