創造的回避とルサンチマン

最近考えてることをつらつら

 

創造的回避というものがある

何かをやろうとした時に、それをやらなくていい理由というのを、実にクリエイティブに発想してしまうという現象だ。テスト勉強をするときに、掃除がはかどってしまうというのが、まさにそのいい例だ

なぜこの現象が起きるのかというと、脳には現状を維持しようとする機能があるからだ。僕の場合、毎日ツイッターニコニコ動画を見てしまい、それらの習慣をすることを快適だと思っている。その人が快適だと思っている習慣や生活をコンフォードゾーンと呼ぶ。コンフォードゾーンの外に出ることを、人は不安になる。だからどれほど何かをやりたいと望んでも、現在の不満だけど快適な生活に甘んじることになる。

現状の快適な生活をするために、人はできない理由を、時間がないや、金がないなど、とクリエイティブに発想するわけだ。

 

そしてルサンチマンである。

ルサンチマンは一言で言えば、強者は強欲な悪であり、弱者は清貧な正義であるという論理体系だ。自分たちよりも優れている人間に嫉妬していながらも、強くなろうとする努力を放棄し、代わりに、自分たちの境遇を正当化するために、弱者であることが正しいという論理を組み上げる。

 

これはまさしく創造的回避であると言えるだろう。本来は強くなろうと努力することが、正しいにもかかわらず、弱者である現状を肯定するために、強者の揚げ足を取ろうと必死になる。

例えば金持ちやモテている人間は裏で悪いことをやっているなどだ文春が成功している芸能人のスキャンダルを取りあげるのも、大衆が強者が悪であった方が都合がいいからだ。そうすれば、弱者が道徳的に優れているという優越感に浸ることができるからだ。実際はそんなこともないのに。

 

僕自身も、そういった弱者を肯定する論理をくみ上げていた。ま、群れている奴ら、群れてないと楽しめない馬鹿どもめ、とかそんなんだ。実際は、みんなで楽しんでいて羨ましいけど、それを認めてしまうと、一人でいる自分の立場がなくなってしまうから、連中を馬鹿だと嘲って、現状を肯定するわけだ。一人でいるというコンフォードゾーンから抜け出さないために、クリエイティブに発想するわけだ。

 

その分の発想を、友達を作ったり、成功するためにリソースを振れば、今頃成功していたかもしれないのに、不幸でいることすら快適になってしまう弱者に、僕を含めて大衆はなってしまう。

 

そういう構造や仕組みに最近になって、本を読んでいて気づいた。気づいた以上、やはり自分の人生を豊かにするために、努力したいなあ、と思う今日この頃でしたとさ

 

とりあえず、ニコ動とツイッターやめて、読書と勉強にリソースふりする。あと友達と恋人作る。

不幸な現状ではなく、幸福な未来に向かうために

 

道徳は復讐である―ニーチェのルサンチマンの哲学 (河出文庫)

道徳は復讐である―ニーチェのルサンチマンの哲学 (河出文庫)