つーかもう6月ってマジか!?

もう6月だ。ありえない。6月っていうのは、もう2017年も半分になったってことだ。ありえない。いやいや、昨日2017年始まったばかりじゃん、なんで1日で半年立ってるんだよ。時計壊れるんてるんじゃねーかァ?

 

???「壊れるのはてめーの脳みそだろ」

 

……そうなんすよね。

 

いやほんと、ありえるもありえないもクソもなくてさ、俺がどう思おうと、時間は流れるもんだし、地球も太陽も回るし、万物は流転する。じゃあなんで、流転してるなんてぶっちゃけありえない、なんていうとぼけた認識を俺が持つのかというと、端的に言って俺が流転してねーからなんだよな。細胞レベルでは毎日変わっているはずなのに、俺の意識だけが何も変わらない。

 

俺がとぼけてるってこと。

 

あれだ、部屋にずっと引きこもって、ネットばかりやってりゃあ、そりゃあボケるよな。なーんも刺激もなく、ただ動物みたいに、ツイッターのタイムライン見て、H画像あさってりゃあそりゃあボケちまう。

そうならないためにも、そして社会的な地位につくためにも、プログラミングやって優良企業に入るぜ、っていうのが、今のところの俺の目標なんだが、うまくいっているかというと、うーん。

いや、今はプログラムはこうして作られるって本で、テトリス作りながら、勉強しているだけどさ。

あと、ドットインストールやプロゲートで一通りやっている。ルビーとジャバスとphpを一通りやったんだけどさ。

 

でも、なんか、ただ写生しているだけで、作っている感がなくて、つまらないんだよな。かといって作ろうと思っても、どういうコード書いて作っていいかもわからねーし、やっぱり独学に無理があるのか?

 

今は、息抜きがてら、テトリス作っている。これはなかなか面白い。いわゆるプログラマ思考って身について良い。

 

 

ただ、どちらかというと俺にモチベがわかないのは、いまいちプログラマやSEやIT業界に臨場感を抱いていないから、遠い川の向こうの話だと思っているから、他人事だと思っているから、自分のこととして見ていないから、こんな風に手を抜いているってことかもしれない。

 

ありえない仮定だとしても、「あと一月でアプリを作れば、100万円もらえます」っていうことになれば、死に物狂いで、下手くそでもいいから作るはずなんだよ。

 

それをやらないってことは、俺に意志がないってことだ。やろうとする意志が、なければ、人は何もすることができない。

 

ではどうやって意志を身に付けるか。

 

それはおそらく現場にいくことなんじゃーか?現場に行って、作っている人たちの姿をみれば、自分の実力足りなさをいやでも思い知るし、そういう人たちをみれば働きたいと思えるかもしれない。

 

人がまずなりたいと思う人物っていうのは、両親らしい。それはなぜかというと一番身近にいる人間だからだ。言い換えると、身近にいる人間に人はなりたがるということだ。

 

プログラマ、エンジニアになりたければ、そういう人たちの身近にいけばいい。

 

もっといえば、成功したければ、成功している人間を身近に行けばいい。

 

ということで、プロのプログラマエンジニアの身近に行き、さらに優秀な人の集まる優良企業に行けば、俺もプログラマエンジニアになれるし、優秀な人間になれるってことだ。

 

とりあえず俺に必要なのはもっと現場に行き、実践で技術を身に付けるってことだ。

 

つーわけで、今はインターンに行こうと準備している。来週あたりに面接をすることになるだろう。

 

大学4年で、6月にインターンって、こいつおかしーだろ、って思われるかもしれないが、人には人のペースがある。

 

今の俺にはこれが最適な行動だ。

 

そして現状、僕がよくやってしまっているネットサーフィンなどの思考停止行為をやめ、常に思考を巡らせて最適な行動を取るということを意識するだけで、人生は格段に幸福になりやすくなる。

 

まだ俺は若い。今まではお世辞にもいい人生とは言い難買ったが、これからどうなるかはわからない。

 

まだ取り返しがつく。

 

 

やる。