はてなを使って過去の人気記事を読もう

ここ半年で、随分と人のブログやネットのニュースををよく読むようになった。非常に勉強になる。まあ、そのせいで、活字の本を読む機会が減ったのは否めない。いや、なんかブログの文字数に慣れちゃうと、長い文章を読むのが億劫なのよ。それでも読みまくるのは、俺が活字中毒ってことなんだろう。

で、どうせブログを読むなら、どうせなら、アルファブロガーと言われる、知識人のブログや真面目なニュースサイトの、しかも良記事を読んだ方がいろいろ勉強になる。最新記事で旬を追うのもいいけど、過去のホットエントリーを読むのもいいだろう。

でも、なぜだから知らないけど、あれらのサイトって過去の人気記事が読みにくい、デザインになってるんだよな。これじゃあ、過去の良質な記事を味わうことができない。

 

その時に役立つのが、はてなに検索窓に読みたいブログのURLを打ち込むと、過去の人気記事の一覧が表示される機能だ。

 

例えば小飼弾のブログならこんな感じ。

f:id:Shinrei:20170720062643p:plain

 

 

BuzzFeedならこんな感じ。個人ブログではなくとも、ニュースサイトでも同様に使うことができる。

f:id:Shinrei:20170720064203p:plain

ブクマの数=良記事というわけではないが、たくさんの人にブクマを押させるだけの何かがあったのは確かなのだから、話題になるかもわからない最新記事を読んでいるよりは勉強になる確率は高いし、何がホットエントリーにくるかの傾向もわかるので、そのあたりも勉強でネットに関わる仕事をしている人は参考になるのではないか。 

ちなみに僕は、キュレーションや記事の反応を見るためにも、お気に入り登録されているのが多い人や、良いブコメを書くブックマーカーは積極的に、お気に入り登録するようにしている。だから記事の下にこれほどアイコンが多い。大いに参考にさせてもらっている。

 

はてなを使って過去のホットエントリーあさり、さらに記事本体を含めてはてなブコメを参考にすると、情報収集が非常に捗る。

しかし、捗りすぎるのも考えもので、ネットにある品質を保証されたそれなりに面白い記事を無限に読んでしまうので、時間泥棒とも言える。

 

ご利用は計画的にだ。

 

……うん、マジでツイッター眺めるのもはてなで過去のホットエントリー漁って、ネットサーフィンするのもほどほどにしねーとな、自分でお勧めしいいてあれだけど、マジでご利用は計画的にだ。

 

自分の人生が一番大事だからな。何が自分にとって大事なのかをよく考えないとな。

 

ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか (光文社新書)

ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか (光文社新書)