新世紀SOS物語

とある魔法少女の終末旅行

少女終末旅行のチトとユーリの名前の元ネタ

多分、ソ連の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンとゲルマン・チトフなんじゃない?

 

昨日、映像の世紀プレミアム、第7集「極限への挑戦者たち」に二人の名前を見ていて思った

 

ガガーリンは、史上初めて有人宇宙飛行を果たした人として有名として、チトフって誰やねん思うかもしれないけど、ユーリイとチトフは初めての有人宇宙飛行をする名誉をどちらが得るか争ったライバルだったようだ

 

チトフは成績も優秀で、教養もあったが、ユーリイは人懐っこく、誰からも愛される人間だったと、映像の世紀では説明していた。ちょうど少女終末旅行のチトとユーリのキャラ設定とも合致している

 

ちなみになぜ、ユーリイ・ガガーリンが最初に選ばれたのかというと、農村出身で共産党プロパガンダ向けだったからだそうだ。加えて、ユーリが誰からも愛されているからこそ、初めての宇宙飛行士に人間にふさわしいと、チトフも認めていたようだ

 

成績優秀な奴が成功するよりも、自分が好きな奴が成功した方が、みんな楽しいしね

 

映像の世紀では説明されなかったが、チトフはそのあと、ちゃんと2番目に宇宙にいったことがwikiには書かれていた。飛べてよかったね

 

個人的にはこの元ネタに気付いた時は、結構嬉しかったんだけど、検索して見たら、気付いている人はいたみたいだ。史上初めてにはなれなかったよ

 

作者のことみず氏から答え合わせしないことには、正しいかは分からないが、正しかったとしたら、少女終末旅行は宇宙が絡んでくる話になってくることが想像できる

 

アニメの第1話も「星空」というタイトルだったし、

さらにいうと、第8話の「月光」でも一緒に月に行こうとチトがユーリを誘うシーンもあるし、宇宙飛行士が名前の元ネタ説は、確定的なんじゃないかと。最終回はおそらくロケットに乗って月に行くところで終わるんじゃないか、予想だけど

 

映像の世紀を見ていて、ふとひらめいた時は、これが「点と点をつなぐ」ということかと、気づかされて、結構楽しかったよ。この体験は大切にしていきたい

 

少女終末旅行は、アニメが先が気になるところで終わっていて、待ち遠しい

 

先が気になるという人は、今すぐマンガを購入しよう。俺は買った。君も買うといい